令和元年度秋期 ITストラテジスト試験

午前2

当日20時頃に解答掲載された。
21/25 = 88点

問題の構成
新:11問
近:2問
同じ:12問

過去問全部1周やって
間違えたやつをメモって試験前にもう一回やった
午前2は毎回これで余裕

午後1

■問2
1
(1)潜在的な契約者の獲得し販売を拡大する
(2)学習済モデルの精度を向上させ割引率体系を確定させること
(3)他社に真似されないことで競争優位性を確保するため
2
(1)被保険者に最適な健康指導などを行うため
(2)大量のデータで学習済モデルの精度を向上させ早期に正式販売を開始するため大量のデータの入手だけでは足らないと思って、早期に開始するためにした
(3)病気になってない人の保険料の割引率を決めるため
3
(1)被保険者自らが健康状態を把握できるようにするため
(2)
C:自社で他のサービスに流用するため
D:AIエンジンの適用拡大の機会となるため

■問3
1
(1)その場で苦手分野を克服すること
(2)志望する大学に特化した講座を受けること
(3)特定の大学向けの講座
2
(1)多くの学生が苦手とする分野を題材として取り上げられていない状況
(2)F社模試で間違いの多かった問題
3
(1)自宅学習のモチベーションの向上に役立つから
(2)小論文や面接対策の指導を行うため

  • AIだから問2、他はロボットと自動運転なので、ビッグデータの問3
    中身まで見て選んでない
  • 抜き出すだけの問題でこれでいいのか不安
  • 1000円くらいの2016年版情報処理教科書に載ってる過去問4問をやった。国語の試験って分かったからそこまでにした

午後2

  • 2016に載ってる過去問何個かみて、自分に当てはめられそうなやつ探して1個作ってみた
  • 問1に適用できそうなので選んだ
  • 書くことなくて無駄に冗長になった
  • 結果、小学生の作文みたいな感じになった
  • けど最低時数は達成したし、PMの時も全く自信なくても受かったからいけんじゃね

台湾 対応バンド 現地で確認してみた 4G/3G

使ったSIMはこれ 遠伝電信
https://www.amazon.co.jp/dp/B07P82LBZ9
桃園空港にもあったが、混んでそうだったので、amazonで買っていった。
が、現地行ったら一人も並んでなかった。
amazonのほうが安いが、電話が使えないので、注意

キャリアは5社くらいあって、4Gは1/3/7/28 を使っているらしい。
台北、台南を周ったが、4GはほとんどB7で、たまにB3に切り替わる。

4G
3G

試しに3Gのみにしたところ、B1を掴んでいた。

4Gの場合、ゴールデンタイムでも40Mbps以上出ていた。pingも安定
3Gの場合でも8Mbps以上出ていた。
UMIDIFI F1にはすでにAPNが入っており、SIMを刺すだけで使用できた。ローミング設定も不要。

パスなしのwifiも所々にあるし、
ネット環境に関しては日本より整っているかも

google mapのオフラインも使用できた。



SATA USB3.0 変換アダプタ 速度検証 SSD HDD

背景

変換アダプタを買ったので、速度検証してみた。

環境

変換アダプタ
SSD:MZ-7PD128M
HDD:DT01ACA100

検証

SSD USB3.0接続

HDD USB3.0接続

SSD USB2.0接続

HDD USB2.0接続

まとめ

・せっかくSSDを使ってもUSB2.0では速度がでない。
・USB3.0を使えばSATA接続並みの速度が出る。

製品レビュー

・2.5/3.5インチともに認識できる。ただ3.5の場合は外部電源が必要。
付属しているアダプタを指せばおk
・amazonで新品で買ったはずが傷だらけだった。。。